Enjoy Freelancing

WordPressのカスタム投稿タイプをもっと使いこなしたい!そんな方におすすめのプラグイン「Custom Post Type UI」

完成品1600 × 360 px

WordPressのカスタム投稿タイプは、ブログに独自の投稿タイプを追加できる機能です。

カスタム投稿タイプを利用することで、ブログのデザインや機能性を自由にカスタマイズすることができます。

しかし、カスタム投稿タイプは、初心者にとってはやや使いこなすのが難しいというデメリットがあります。

そのため、カスタム投稿タイプをもっと使いこなしたいという方におすすめのプラグインが「Custom Post Type UI」です。

「Custom Post Type UI」は、カスタム投稿タイプを簡単に作成・管理することができるプラグインです。

操作も簡単で、初心者でもすぐに使いこなすことができます。

「Custom Post Type UI」を利用することで、カスタム投稿タイプをもっと使いこなすことができ、ブログをより魅力的にすることができます。

「Custom Post Type UI」を利用するメリットは以下の通りです。

  • カスタム投稿タイプを簡単に作成・管理することができる
  • 操作が簡単で、初心者でもすぐに使いこなすことができる
  • カスタム投稿タイプをより使いこなすことができる
  • ブログをより魅力的にすることができる

「Custom Post Type UI」は、WordPressのカスタム投稿タイプをもっと使いこなしたいという方におすすめのプラグインです。

カスタム投稿タイプとは?

カスタム投稿タイプとは、WordPressで独自の投稿タイプを作成できる機能です。

WordPressでは、通常の投稿と固定ページしかありませんので通常の投稿をブログの投稿にした場合異なる形式の投稿はブログと同じになります。

例えば、商品の紹介やアフィリエイトやポートフォリオ、更新情報などの記事は、通常の投稿とは異なるテンプレートや設定で作成した方が見やすく使いやすい場合があります。

このような場合に、カスタム投稿タイプを使用することで、目的に応じた独自の投稿タイプを作成することができます。

カスタム投稿タイプを作成したら、投稿画面から新しい投稿を作成することができます。

投稿画面の投稿タイプで「カスタム投稿タイプ」を選択すると、作成したカスタム投稿タイプを選択することができます。

カスタム投稿タイプを作成することで、通常の投稿とは異なる形式や目的の記事を作成することができます。

カスタム投稿タイプを活用して、より使いやすいブログを作成してください。

カスタム投稿タイプを使うメリット

WordPressのカスタム投稿タイプは、ブログ記事とは異なるコンテンツを投稿するために使用できる機能です。

たとえば、商品、スタッフ、イベントなどのコンテンツを投稿するためにカスタム投稿タイプを使用できます。

カスタム投稿タイプを使用すると、次のメリットがあります。

  • ブログ記事とは異なるコンテンツを投稿できる
  • カスタム投稿タイプごとに、独自のレイアウトや機能を設定できる
  • カスタム投稿タイプごとに、独自のアーカイブページを作成できる

カスタム投稿タイプは、WordPressをより柔軟に、そして使いやすくするための機能です。

ブログ記事とは異なるコンテンツを投稿したい場合は、カスタム投稿タイプを使用することを検討してください。

カスタム投稿タイプを作成するには?

WordPressのカスタム投稿タイプは、ブログ投稿記事とは異なるコンテンツを投稿するために使用できる機能です。

Custom Post Type UI(CPT UI)は、カスタム投稿タイプを簡単に作成できるプラグインです。

CPT UIを使用すると、次のことができます。

  • カスタム投稿タイプの名前を設定できます。
  • カスタム投稿タイプの説明を設定できます。
  • カスタム投稿タイプにカテゴリやタグを付けることができます。
  • カスタム投稿タイプにカスタムフィールドを追加できます。

CPT UIを使用するには、次の手順に従います。

  1. WordPressの管理画面にログインします。
  2. 左側のメニューから「プラグイン」をクリックします。
  3. 「プラグインをインストール」をクリックします。
  4. 「検索」ボックスに「Custom Post Type UI」と入力します。
  5. 「インストール」ボタンをクリックします。
  6. 「有効化」ボタンをクリックします。

CPT UIが有効化されると、左側のメニューに「CPT UI」という項目が追加されます。

「CPT UI」をクリックすると、カスタム投稿タイプの作成画面が表示されます。

カスタム投稿タイプの作成画面では、次の項目を設定できます。

  • 名前:カスタム投稿タイプの名前を入力します。
  • 説明:カスタム投稿タイプの説明を入力します。
  • スラッグ:カスタム投稿タイプのスラグを入力します。
  • カテゴリ:カスタム投稿タイプにカテゴリを付ける場合は、カテゴリを選択します。
  • タグ:カスタム投稿タイプにタグを付ける場合は、タグを選択します。
  • カスタムフィールド:カスタム投稿タイプにカスタムフィールドを追加する場合は、カスタムフィールドを追加します。

カスタム投稿タイプの設定が完了したら、「作成」ボタンをクリックします。

カスタム投稿タイプが作成されると、管理画面の「投稿」タブに表示されます

Custom Post Type UIの使い方

CPT UIの使い方は、以下の手順です。

  1. WordPressの管理画面にログインします。
  2. 左側のメニューから「プラグイン」をクリックします。
  3. 「プラグイン一覧」画面で「インストール済みプラグイン」タブをクリックします。
  4. 「Custom Post Type UI」を検索し、インストールをクリックします。
  5. 「有効化」をクリックします。

CPT UIを有効化すると、左側のメニューに「CPT UI」の項目が追加されます。

「CPT UI」をクリックすると、カスタム投稿タイプの作成画面が表示されます。

カスタム投稿タイプの作成画面では、以下の項目を設定することができます。

  • 投稿タイプ名:カスタム投稿タイプの名前を入力します。
  • スラッグ:カスタム投稿タイプのURLのスラッグを入力します。
  • 説明:カスタム投稿タイプの説明を入力します。
  • 表示する項目:カスタム投稿タイプの詳細ページに表示する項目をチェックします。
  • 権限:カスタム投稿タイプに対する権限を設定します。

カスタム投稿タイプの設定が完了したら、「作成」をクリックします。

カスタム投稿タイプが作成されると、左側のメニューにカスタム投稿タイプの項目が追加されます。

カスタム投稿タイプの項目をクリックすると、カスタム投稿タイプの詳細ページが表示されます。

カスタム投稿タイプの詳細ページでは、カスタム投稿タイプに記事を追加したり、カスタム投稿タイプの記事を編集したりすることができます。

Custom Post Type UIのメリット

CPT UIには、以下のメリットがあります。

  • カスタム投稿タイプを簡単に作成できる。
  • カスタム投稿タイプの設定項目が豊富。
  • カスタム投稿タイプの権限を設定できる。
  • カスタム投稿タイプの日本語化に対応している。

CPT UIは、WordPressでカスタム投稿タイプを作成したい場合に、非常に便利

CPT UIを使えば、カスタム投稿タイプに対する権限を設定することができます。

カスタム投稿タイプの権限を設定することで、ユーザーがカスタム投稿タイプにアクセスしたり、編集したりできるかどうかを制御することができます。

CPT UIは、日本語化に対応しています。

日本語化されているので、日本語のWordPress環境でも使いやすくなっています。

まとめ

CPT UIは、WordPressでカスタム投稿タイプを簡単に作成できるプラグインです。

CPT UIには、カスタム投稿タイプを簡単に作成できること、カスタム投稿タイプの設定項目が豊富なこと、カスタム投稿タイプの権限を設定できること、カスタム投稿タイプの日本語化に対応しているなどのメリットがあります。

CPT UIは、WordPressでカスタム投稿タイプを作成したい場合に、非常に便利なプラグインです。

皆様もぜひCustom Post Type UIを導入してブログだけではなく、たくさんのコンテンツを作成して投稿しましょう。

Share:

Facebook
Twitter

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

2024年2月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  
スポンサー
スポンサー
スポンサー
スポンサー
スポンサー

Social Media

Most Popular

Table of Contents

On Key

Related Posts

上部へスクロール