僕の原点は楽しくトレードする

スポンサードリンク



どうですか?

トレード楽しいですか?

僕自身もトレードの本当の楽しさはわかりません

ですけど

苦しさからは解放されたかなぁって思ってます

 

僕のトレードの苦しさ

とにかく、わからなかった

何をしても勝てなかった

儲ける以前の問題で

まったく勝てなかった

知識を詰め込んでも勝てなかった

その壁を越えることにどのくらいかかっただろう?

Googleでも、YouTubeでも、ツィッターでも、人のブログでもそして詐欺商材でも(笑)

無理だった

でも

ある日

その壁が崩れた

それは、いきなりじゃなく

少しずつ少しずつ壊れて崩れていった

ゆっくりゆっくりと

 

壁を壊したのは紛れもなく自分だった

どのように、トレードの壁を越えたか?

MT4にあるインジケータを片っ端からバックテストしました

移動平均線からMACD、一目均衡表などなどあらゆるもの全て

明らかに自分に合わないと思われるものも試しました

それは、相当の年月がかかり二年間はやってましたね

今でも、やっているんですよ

続けてバックテストしているとコツが掴め早くなります

バックテストを数こなしてるうちに

疑問が出てきました

人によって違うもの

があるってこと

それは、例えば水平線やトレンドライン、フィボナッチ、ペナントやフラッグなどのチャートパターン

これらは、人によって引くところが違うんです

完全な数値化された場所ではなく、あくまでも個人の主観です

でも

これらで勝っている人は実際にいるんです

僕の身近にもライントレードだけで勝っている人はいます

ですので、否定はしません

僕が下手なだけなんです

このように

自分に合わないものは外していきました

その結果

 

インジケータは無くなった

インジケータはチャートから無くなりました(笑)

また疑問が出ました

そもそも、トレードのゴールはどこなんだ?

サッカーなら相手のゴールはわかるはず

マラソンなら42.195km先がゴール

将棋でも、相手の王将を取ればゴール

このようにゴールは明確でトレードではどこなんだ!って疑問が出ました

だったらゴールを決めてしまおうと

海外のトレードサイトを見まくり、世界のトレーダーは何を基準にゴールを決めているのか調べ統計を取りました

圧倒的に多かったのはpivotです

それも、Weekly pivotです

そこで、Weekly pivotをゴールにしてトレードすることにしました

 

ゴールが見えたら戦術は何でもいい

サッカーが好きなのでサッカーで例えるけど

4バックでも、3バックでも、1トップでも2トップでも結果勝てる時もあれば負ける時もある

大事なのは勝ち続けること

トレードでも、当てはまる

移動平均線でも、一目均衡表でも、トレンドラインでも水平線でも何でもいい

とにかく価格がゴールにたどり着けばいい

ここまで来れば

悩んで苦しんでいた大きな壁は崩れて行く

後は、戦術をバックテストを繰り返し当てはめて

より再現性のある利益率の高いものを探し出せれば良いだけ

 

型を決めて技を出す

柔道や格闘技もそうですが、組み手というのがあります

いかに、自分の力を相手に伝えるか

はたまた、相手の力を利用して自分の力を加えて相手を伝えるとか

自分に有利な組み手があります

そこで、様々な技を駆使して相手を倒す

技がひとつではなかなか相手を倒すことができません

よって、技を覚えて技を磨くこと

これらは、どの分野でも当てはまります

スポーツだけでは無く

職人、事務職、技術職、研究職、クオリティを求める美術職

様々な職種に当てはまる

型を決めて技を出す

トレードでも精進するべきです

 

終わりに…

僕自身も、トレードでなかなか成果が出ませんでした

そんな中

ひとつの考え方に出会い

それを追及することになりました

だが、トレードは一筋縄ではいきません

通用する時もあれば

まったく歯が立たない時もあります

連勝もあれば連敗もあります

だから、型は大切で

利益をだせる型を作ることが一番大事です

ロングなら何処を目標とするか?

目標を決まったならどんなentryサインやentryポイントで入るか?

思惑が変わったらどのように対処するか?

このような形を作ってトレードをすると

自分が今何をしなければいけないか

わかってきます

 

スポンサードリンク



作成者: kazukuma

フリーランスの個人トレーダー、サイト運営者です。 基本引きこもり体質です。 音楽、映画、スポーツ、カメラなどが好きです。

コメントを残す