おめでとう妊娠したよ!で出産までいくらかかるの?

こんにちはkazukumaです

 

タイトルなんですが…このような質問をされました

延々と2時間くらい説明してました

 

って、ふと思ったんです

俺のブログを読みなよって

 

でも…妊娠、出産にまつわる記事が無い………(笑)

それじゃ書くか!

って、軽い腰を上げたんだ………

出来上がったので、質問者に読んでもらいたい

 

 

ざっくり出産費用はいくら?

お子様が生まれるまでかかる費用はいくらかかるかざっくり出してみますね

  • 入院料…7万円〜15万円
  • 分娩費…22万円〜28万円
  • その他…9万円〜13万円

合計で38万円〜56万円

これは国や自治体の補助を引いて無いのであくまでも立て替えて医療機関に払う金額と考えてください

なお、まとまった金額が用意できなくても大丈夫です

後ほど説明する出産育児一時金というのがありますので、お金がないから産めないということはありません

不安にならず健康な赤ちゃんを産んでください

 

自治体への届け出

産婦人科の医師による検査で妊娠が確認されたら、妊娠証明書が医師より発行しますので、もらいましたら住民登録している自治体に行き届け出をしてください

届け出が終わればその場で母子手帳が交付されます

それと同時に妊婦検診の補助券がもらえます(妊婦健康診査受診票)

 

妊婦健康診査受診票の内訳は、「妊婦健康診査受診票14枚」「妊婦子宮頚がん検診受診票1枚」「妊婦超音波検査受診票1枚」になります

高額な検診ですので必ず受診票で受診して費用を出来るだけかからないようにしてください

 

なお、義務ではないんですが厚生労働省では妊娠11週までに提出することを推奨しています

 

出産育児一時金

出産育児一時金というのは、妊娠4ヶ月以上で出産するすべての健康保険加入者もしくは配偶者の健康保険の被扶養者が支給対象になる補助金です。

通常は赤ちゃん一人あたり42万円です

上乗せがあっても下がることはありません

加入している健康保険によります

 

届け出は、社会保険なら会社又は社会保険事務所、国民健康保険なら住民登録のある自治体への届け出が必要です

なお、妊娠4ヶ月以上なら、流産、死産でも出産ですので出産育児一時金を受け取ることができます

 

出産手当金

出産手当金は、妊婦自身が務めていた場合、出産の為、会社を休んだ場合に給料の代わりに1日につき規定の給料(日額)の⅔が支給される補助金です。

出産手当金を受け取る場合には、病院への申請書と病院からの出産証明書が必要で、産休に入ってから2年以内に会社もしくは加入している健康保険に申請する必要があります

 

育児休業給付金

育児休業給付金は、育児休業中に給付される補助金です

産休終了の翌日から、お子さんが一歳になる前日までが支給対象期間です

ただし、期間が延長される理由がある場合に限り2歳まで支払い期間が延長します

支給額は

  • 育休開始から180日間…育休前の月給の67%
  • 育休開始から181日目以降…育休前の月給の50%

となっております

 

その他

医療機関対象だと以上になりますが、目の見えない出費がかなりかかります

ここからは体験談になりますがお付き合いよろしくお願いします

まずは交通費

安定期までの間は、基本はタクシーの移動でした

もう腫れ物状態で、身体に負担のかからない状態にしないといけないってお医者さんに言われたのでタクシー移動でした

安定期になっても体調のすぐれない時はタクシーでしたね

食事も外食が多かった記憶があります

とくに出前

急に食事が作れなくなったりしたらしょうがない

とにかく男性は、寄り添うしかできません

必ず協力してください

そして話しを聞いてくださいね

まとめ

実際に記事をまとめてみると、やはり数万円は自己資金が必要ですね

私が思うには、国からの出産に対しての援助が足りないと思います

 

女性にとって出産は肉体的、精神的負担や不安はかなりのものだと思います

出産育児一時金は、100万円くらいでもいいと思います

そうしないと金銭的不安がある限り子供がこの国には増えないと思う

 

子供を出産するとお金がもらえると国民が認識するくらい出産に国が支援しているんだってことをわかってもらえる十分以上の金額を支払う必要があります

本当に子供は宝でありそれを国も理解しないといけません

何年も変わらない負担金だからこの時代にあった支援をしないと意味がないと思うんですがいかがでしょうか?

 

私も記事を書く前と今では考えが変わりました

あまりにも、妊娠、出産に対しての援助が足りない

男性の私がそう思うんですが、女性の方もそう思うと思います

なんとかならんかなぁ

 

 

作成者: kazukuma

フリーランスの個人トレーダー、サイト運営者です。 基本引きこもり体質です。 音楽、映画、スポーツ、カメラなどが好きです。

コメントを残す