筋肉脳でライフスタイルを豊かに

 

最近、ジムに行くようになったので

 

変化が表れてきました

 

身体はもちろんですが考え方にも

 

変化がでてきました

 

今回はその考え方にフォーカスして

 

書いてみたいと思います

 

 

スポンサードリンク



 

筋肉脳について

 

ジムでトレーニングに行くことになったのは

 

単に運動不足解消とダイエットです

 

やはり健康の為、体重を適正にしないといけない

 

週に一回か二回程度ですが今のところ続いています

 

何度も通うことにトレーナーさんと仲良くなり、通っている

 

ユーザーの方とも話すようになりトレーニングの考え方を教わりました

 

マッチョの方はとにかくストイックなイメージがあるようで

 

それはそれで当たりですが、ただ単にストイックな訳ではなく

 

原点の個々の考え方がありそれに基づきブレない考え方でトレーニングしています

 

はたから見ればただストイックなだけですが(笑)

 

自分はあるユーザーさんの言葉で

 

大事なものは守りその大事なものを育てる

 

って言葉が一番印象に残ってます

 

先ほどの言葉で大事なものを自分の大事なものに置き換えてみれば

 

どんな事やライフスタイルに繋がると思います

 

例えば子供に置き換えると

『子供を守り子供を育てる』になり

 

お金が大事なら『お金を守りお金を育てる』になり

 

当然筋肉なら『筋肉を守り筋肉を育てる』

 

ということになる

 

だから

 

特別なことをしてないと言ってました

 

他にも面白いエピソードがありますので

 

行ってみましょう

 

風邪が酷いんじゃないですか❓

 

ある日早朝にジムに行く時があったんですが

 

一番かなぁって思っていたら

 

ひとりのマッチョの人が…

 

いつもと変わらずトレーニングしています

 

だけど、顔に大きなマスクをしています

 

かなり苦しそう

 

終わりにロビーにいたのでお話ししたら

 

風邪をひいたってこと

 

他の人にうつしたらいけないので朝早く来たそうです

 

何故トレーニング?

 

もう、頭がどうしたらトレーニングできるかしか考えなくなっているとのこと

 

だから、人にうつしたくないから早朝に

 

寝込んでいる間に昨日の自分に負けてしまうから最低のトレーニングでもいいから続けていく

 

癌以外病気じゃないから

 

と、言ってました

 

でも仕事は休むって(笑)

 

人は、他人よりは絶対に頑張れない

 

だけど昨日の自分なら頑張れるし勝てることもある

 

ならば、勝てる可能性のある昨日の自分に勝ち続けるしか無い

 

最初は腕立て伏せ五回しかできなかった

 

次の日は六回そして次の日は七回と、自分を越えていった

 

その結果で成長する

 

それは筋トレだけでは無くスポーツだけでは無く

 

ビジネスでも同じこと

 

目標の数字や時間を設定してクリアする

 

自分は営業畑だったので、売り上げを前月より上げることに目標を設定していた

 

ある人は一ヶ月かかる仕事を半月で終わるようにしていた

 

そのようにしてスキルをアップしてどんどん成長することが必要です

 

あえて楽な道を歩かない

 

皆様は今、スマホやパソコンでこの記事を読んでますよね

 

現在、情報は様々なデバイスで得られます

 

分からなければGoogleで調べることが多いと思う

 

だけど、全てが本物という訳じゃない

 

残念ながら偽りの情報も本物の情報より多いのが現実

 

自分も何度も偽り情報や世の中に当たり前の情報をお金で買ったことがあります

 

わかったら悔しいですね

 

悔やんでも何もできません

 

全て自分が悪いんです

 

それから、一切情報をお金で買うことはしてません

 

時間をかかってもいいからスキルを上げることがいいと思い徹底してトレードの量を上げることにした

 

その後質の向上に特化して判断力を早くしていった

 

それでスキルを上げることにしました

 

どの時代も人を騙したりする悪い人は無くなりません

 

特に稼ごうと思う人や資産や財産を守ろうとする人が被害にあっています

 

稼ごうと思う気持ちや守ろうと思う気持ちが強ければ強い人ほど被害に会います

 

ですので気持ちだけピークに持って行かず目の前のできることだけ追い込んでやる

 

よく筋トレマッチョさんが追い込むって言うけど

 

根性論だけでは無く、邪念を振り払うことでもある

 

ですので、あえて嫌いな根性論を受け入れてみてもいいと思う

 

すると、本物か偽物かを判断できる

 

よって本物と偽物は判断できる目を養うことと、自ら本物になることしか無いことに気づくだろう

 

諦めないのは当たり前

 

諦めたら終わりなので

 

それは当たり前

 

だけど、何やってもうまく行かないことはよくあります

 

自分も最近ありました

 

また、来たかって感じですけれど

 

それが壁なんですね

 

自分はまずは力技で越えようとチャレンジします

 

それで駄目だったら時間をかける

 

これでだいたいはきっかけができます

 

そこからは今までのスキルで打破します

 

未だに破れない壁がありますがまだ時間をかけている最中です

 

三年かかってますけれど(笑)

 

でもね

 

最近その壁も少し崩れてきたんだよ!

 

やればその先の景色が見える

 

人の能力に限界は無い

 

他人と比べると自分より大きい人は沢山います

 

だから他人に勝つのはホントに難しいし、勝てていても新たなチャレンジャーが現れるから永遠のチャンピオンはいません

 

だから最低でも過去の自分に勝てて無いと何に戦っても勝てる自信がないので続けて勝てることは難しい

 

謙虚に自分と向き合い、負けも受け入れないといけない

 

決して言い訳無しで受け入れる

 

それで初めてチャレンジする資格を得る

 

追い込むことで未来を掴む

 

根性論は嫌いな人もいるだろう

 

効率的じゃないし合理的じゃない

 

そう思う人は多い

 

と思う

 

人に努力しているところを見せるのはいやだって言う人もいるだろう

 

だけど、やらんと駄目になっちゃう

 

それで筋肉脳に話を戻します

 

ごちゃごちゃ言わずやれってこと

 

やらんと筋肉付かない

 

そして昨日より追い込む

 

やれない理由を並べても成長しない

 

たとえ失敗してもそれが知識になる、だからtry&errorだ

 

実際に足を骨折して次の日からトレーニングして、しっかり追い込む人もいました

 

その後彼はボディビルの大会で優勝しています

 

仮に優勝できなくても、自分自身に自信がついたと思うし今後の生き方をもっとタフにできたと思う

 

だから、営業だろうが技術職だろうが研究職だろうが事務職だろうが追い込むことは大事

 

人に見られるのが嫌だったら隠れて追い込め

 

まとめ

 

筋肉は一日ではつかない

 

続けていくことが一番の近道

 

城は一日では築かない

 

横綱は一日ではなれない

 

簡単な道を選ぶ人や短期間で成果が出ることを日々考えている人は自分に自信がないんじゃないかなぁ?

 

いやむしろ自分は弱いことを理解しているから楽な道を選ぶんだろう

 

自分も弱い人間なのでジムに通って感じた筋肉脳をビジネスに利用していこうと思った記事でした

 

 

スポンサードリンク

<提携>スポンサー

作成者: kazukuma

フリーランスの個人トレーダー、サイト運営者です。 基本引きこもり体質です。 音楽、映画、スポーツ、カメラなどが好きです。

コメントを残す