フリーランスって稼げるの?

気が付けばフリーランス(個人事業主)になり、13年になりました。

振り返ると山あり谷ありいろんなことがありました

何とかなることもあり、どうにもならないこともあり

現在に至っている

今、フリーランスに興味がありこれからフリーランスになろうと思ってる方

ちょっと待って

この記事を読んでから決断してください

 




 

できるかどうかは誰にも分らない

そう本人でもわからない

様々な理由でフリーランスを目指す人がいると思う

いろんな人を見てきた結果

明らかに成功した人の共通点は行動力

とにかくやってみる

やってみてその作業が苦痛じゃなくむしろ面白く感じるかもしれない

更に、その仕事に大事な知識を得る為の勉強も楽しくできるかもしれない

それは、始めてみなければ本人にもわからない

プラン立てて行動することがセオリーなら

そのセオリーを壊して行動することができるか、できないかの判断になる

続けることができないビジネスならやっても無駄である

 

食えるビジネスか?

 

続けることができる作業なら

そのビジネスが食えるかどうか判断しなければならない

そこで初めてプランに戻る

食える=稼げる

これにフォーカスをあててプランを立てる

プランを立てて食えると確信できたなら問題ないが

食えないことが判明したならばやめなければならないが

これは一旦引き出しにでも入れて保管しておこう

いずれこのビジネスが食えるかもしれないので

それで今までやってた作業の共通点のある業種を選ぶこと

では具体例から

ある人がブログを始めたとする

特にノウハウもなく記事を書くことから始めた

なんとなく書くことが楽しい

毎日記事を書くことができるようになり続けれると確信したとき僕に相談してきた

ここで僕はSEOとワードプレス導入とアドセンスの申請とASPの導入を教えた

二か月後時間を取れないか?と連絡あり

また会うことに

彼は『これでは食ことができるのに時間がかかる』とのこと

確かにこれは短期目線では無理でもし短期でやるならば広告を自ら打たなければならず経費が掛かる

しかも経費を回収できるかわからない

一旦、ブログ運営は停止して目先の金を稼ぎたいと言い

書くことは何とかできるといい

ランサーズ

をおしえました

後日彼からのメールで仕事をこなしていると連絡があり

車関係の記事を中心にイベントの取材やら画像や動画の撮影などもするようになり、ギャラも上がってきたと連絡がありました

記事も明らかに成長して面白く書けるようになっていました

このような事例からまずは行動すること

失敗は当たり前だから行動しないことには道はできない

でも行動することで悩みや不安が増えるけど

それ以上に自分の知らなかった能力に気づき

可能性に驚くだろう

確かに行動しなくてそのままならば面倒なことや悩みなど傷つくことはないだろう

ただ、成長することはないだろうし稼ぐことはできない

遅かれ早かれ行動しないと稼げないわけだから

今から行動すること

 

稼ぐ方法はいくらでもある

 

具体例から話しましょう

僕はたまに近くのカフェで仕事をすることがあるのですが

そのカフェでパソコンで女性がいました

向こうも何度も僕と会うので僕のことを認識していたので

同じ業種臭がしてたみたいですね

ある日話すきっかけができ話しました

彼女は母親の介護で仕事ができなくなり、前の職を辞めて介護の生活になった

そこで、自宅で仕事ができないか?と考え、プログラミングを習い現在半年たっていると言ってました

ここからが、彼女の凄いことですが

三か月目に外注で仕事を取り大失敗してしまったのがフリーランスの始まりで、外注先に迷惑をかけてしまった

だが、彼女は諦めず金にならなくてもいいから、担当者と一緒に何とか納品して仕事を完成したとのこと

納期は大幅に遅れたがクオリティーが高く正規料金をいただけたそうです

今思えば無謀な仕事でスキルが無いのにやっちゃったそうです

プログラミングを勉強するまでパソコンは満足に使えない人が三か月でLPを作ることはあまりにも無謀ですね

現在も勉強しながら稼いでいると言ってました

プログラミングで稼ぐことはまだできないが、パソコンがあれば何でもできて楽しいと言っており、イラストでも少しだけ稼いでいるそうです

生活では、母親の介護があるので大変だができることから始めれば何とかなる

というわけで、できない理由をあげれば何もできない

何かをやれば、できない理由もなくなることはないが、大きな問題から少しづつ小さくなることもある

ですので稼ぐ方法は無限である

 

フリーランスのリスク

 

これは重要なテーマである

どのビジネスでもリスクはある

ですので、リスクを踏まえてビジネスをしなければならない

まずは

1)体調管理

これは、人間ならば当たり前ですが具合が悪くて仕事を休んでも会社に勤めていれば、会社の保証があり収入にさほど影響にならないが、フリーランスはそうはいかない

僕自身、入院したことがあるので、実際に収入が止まってしまった

このことから、日々の体調管理は欠かせない

一番かもしれない

2)資金管理

資産管理かもしれません

フリーランスは会社に属してないので

将来は不安です

退職金もないし、年金も国民年金でいただける年金もこの先あるかどうか?

国は2000万円必要だとか

ですので、稼いだお金を何とか資産にして管理して

運用しないと駄目です

これは、会社勤めの人でもそうです

何故なら、この国は資本主義国家でありますから資産管理は必要なのです

僕は、資産管理をほんとに義務教育に加えないと駄目だと思う

そのくらい当たり前で

何も教えないで貯蓄から投資へ

って言ったて

無理だと思う

僕自身、専業トレーダーであるから投資、投機などの商品のリスクやリターンは理解しているが年齢を重ねるほど、お金を資産に変えないといけないと自然に思う時が来るから今からすぐに、学ぶことを進める

3)心の管理

常に、平穏に過ごすように勧める

あまりに自分を追い込まないようにした方がいいよ

貴方が、極ドMで追い込まないと生きられないっていうなら仕方ないが

過度のストレスは駄目

僕は入院してしまいました

ですので、自らブラックフリーランスにしないよう

管理してください

たまには仕事を忘れて遊ぶことも大事で

その時間を作ることで新しいアイデアが浮かんでくることもありますよ

それとネット上の誹謗中傷には完全にスルーすること

時間がもったいない

4)時間管理

限られてるのが時間である

外注さんなら納期があるから特に時間は大事

納期がない仕事でも、だらだらと仕事はしないで

ある程度は決めた時間内で仕事を進める癖をつけるのは大切な事です

とかくフリーランスは自由ですが

時間は限られている

日々刻々と使われていて

気がつくと失われた10年とかになってしまうことになりかねない

よって、物事の判断は早くして問題は絶対に先送りしない

僕は、面倒な事こそ早めに解決することにしてる

それは、明らかに時間を大事にしているから

すると、やりたい事にクォリティー向上の時間をかけれるから

常に時間を大事にする

 

というわけで、肉体、金銭、精神、時間これらに

リスクがある

健康で金に困らず穏やかに時を過ごす

これをモットーにフリーランスに挑めば不安は解消するはずです

 

まとめ

僕も始めた直後は毎日不安だった

ようは、何一つ誰からも助けてくれないし守ってもくれない

こう考えたらフリーランスなんて辞めた方がいい

ある程度の覚悟は必要

だから

とにかく目の前の簡単な事からがむしゃらにやってみよう

金を稼ぐって事はそもそも無理ゲーだから

簡単に稼げれば誰でもやれる

わかったかな?

フリーランスは無理ゲーだって事

稼ぐって大変です

時間もかかるし努力が実らない時も沢山ある

だけど努力しないと当然稼ぐ事は不可能である




作成者: kazukuma

フリーランスの個人トレーダー、サイト運営者です。 基本引きこもり体質です。 音楽、映画、スポーツ、カメラなどが好きです。

コメントを残す